魅力ぶらんど

【メディア掲載】「女性視点のブランディング術」をテーマに紹介頂きました。

このたび、「コニカミノルタが提供する販促情報マガジン」

【ホンキにさせる販促術】(コニカミノルタジャパン様のお取引様向け冊子)に

「女性視点のブランディング術」というテーマで紹介いただきました。

 

 

大きくわけて掲載内容は以下の4つです。

======================

①今、なぜ女性視点が必要か?

②男性と女性の考え方の違いと販促

③ブランディングの取り入れ方

④具体的な事例

⑤自社ですぐできる「女性視点」の取り入れ方

======================

 

ここでは、

① 今、なぜ女性視点が必要か ポイントをご紹介しましょう。

 

<理由1>

 女性の方が男性より消費にお金を費やしている

 総務省統計局調べ(平成26年度全国消費実態調査)によると

 単身世帯のうち、勤労者の消費支出では

 男性:181,492円(実収入:332,851円)に対して、

 女性:185,552円(実収入:250527円)

 女性は消費意欲が高い。

 

<理由2>

 女性の購買決定権が高い

 内閣府の「男女の消費・貯蓄等の生活意識に関する調査」

(平成22年)によると、家庭内の購買に関する決定は

 女性が持っている割合が高い。

 (例)男性が使う消費財(下着など)や、子ども向けの商品も

    女性が選ぶことが多い

 

<理由3>

 女性の社会進出の増加によるニーズの変化

 総務省統計局「労働力調査」(平成29年)の男女雇用者数の

 推移(平成14年~28年)では女性の労働力は

 平成14年が、2172万人だったのに対して

 平成28年は、2531万人になり約350万人増加している。

 (男性はほぼ横ばい)

 女性の社会進出に伴い、新たなニーズも考えられる。

 (例)ハウスクリーニング・家事代行・宅配

 

<理由4>

 顧客の多様化による変化に対応

 ニーズの変化が多様で早くなっている。女性は変化に

 柔軟なため時代をキャッチしている。

 (例)価値観の変化、インバウンドなど

 

 

さて、今なぜ「女性視点」が必要か?がおわかり

いただきましたでしょうか?

「女性視点」を取り入れるということは、時代の変化を

とりいれることにも通じます。

皆様の商品やサービスでは、いかがでしょうか?

 

次回は、

② 男性と女性の考え方の違い をご紹介予定です。

 

==========================

「魅力ぶらんど」では、

「女性視点」「ブランディング」「しつもん」等に関しての

セミナー・研修・講演や、プロジェクト(クライアントと

一緒に創るワークショップ」等を行っています。

 

〇弊社主催のセミナー 〇お問合せ 

〇魅力ブランドになるための「自己チェック表」(無料)は

弊社・ホームページ をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

Archives



  • 以前のブログはこちら
ページの先頭へ戻る