魅力ぶらんど

ブランド語録

■□━━  知っておきたいブランド用語  ━━━━━

      【 パーソナルブランド 】とは?
===========================

 

「ブランド」と言っても様々な種類があります
企業・商品・サービス・事業・パーソナル等
人に関するブランドがパーソナルブランドです

その人が周りに対して提供する価値として
誰に対してどのようなイメージをもたれたいか
商品やサービスだけでなく人もブランドの対象となります

 

 【ブランディングの実践】

 

魅力ある野球選手と言えば?
「イチロー」「黒田投手」・・・・・
新たな流れを創った経営者と言えば?
「スティーブ・ジョブズ」「松下幸之助」・・・・・
それぞれ、浮かんだ方がいらっしゃるでしょう。

 

有名人だけがブランドとは限りません

広島で国際的な問題に強い社労士さんと言えば?
というように「△△で〇〇と言えば?」という
特定のニーズが発生した時に思い出されたい
という場合、それにあった活動が必要になります

 

これは会社に属する社員の皆さんも同じ
会社のブランドと合致し、自分の価値を生かすことで
仕事は楽しくなり会社は発展します

 

「人材」から「人財」へ

 

個人のブランド力が会社のブランド力をアップさせる時代
ではないでしょうか?

 

=============================

【パーソナルブランド関連情報】

■山口商工会議所にて登壇した 若手社員定着のための
「会社の中での【自分ブランドのつくり方】」の様子が

メディアで紹介頂きました。
http://longlife-brand.com/132/

 

■「パーソナルブランディングセミナー」(広島にて開催)
  3月12日(日)
    ※締切:3月2日 ※4名以上で開催
セミナーのお知らせはコチラ
http://longlife-brand.com/school/

 

 

ここでは、ブランドを考えるにあたって
気になる言葉をご紹介します。

今回は「禅の言葉」より
============================
 歩歩是道場 (ほほこれどうじょう)
============================
「歩歩是道」(ほほこれどうじょう)とは
今、この時、この場所が修行の場(道場)で
あるという意味

 

時には、いつもと異なる場所に身を置いて
修業をすることも大切でしょう

けれども、心がけ次第で
今、自分が存在するその場が
修行の場となり気づきを得られるというもの

 

置かれたその状況や立場や役割は人それぞれ
その場を道場ととらえると違った見方となり
ある人にとってはつらくある人にとっては喜びの
修行になるのかもしれません

 

 

私自身、かつてある手術で1週間で
退院予定だったのですが
腸閉塞を併発し24時間、点滴生活となり
それが1カ月近く続きました

 

身体が機能しなくなって初めて
身体の有難さに気づき、深く考える時間を持ちました

病気ではありましたが
その時、本当の意味で自分と向き合える
道場になった気がします

 

けれども、また健康になると
その有難さを忘れがちに
なってしまいます

 

今の自分がどのような修行のタイミングか
少しだけ意識して、この場、この時を
過ごしたいものです

 

2017.2.8  ブランド語録

ここでは、ブランドを考えるにあたって

気になる言葉をご紹介します。

 

今回は「禅の言葉」より

============================

 日日是好日

 (にちにちこれこうじつ・にちにちこれこうにち)
============================

良い天気の日が嬉しいとか
雨の日が嫌な日とか
とかく自分でかけがえのない一日を
「良い」「悪い」と判断してしまいがち

けれども雨の日も水不足の地域にとっては
恵みの雨となり良い日なのかも知れません

「良い」「悪い」は自分が判断していること
起きる出来事は一緒でも
その出来事をどうとらえるかは
自分で選ぶこともできます

せっかくの大切な今日を
自分にとって好き日として受けとめ
愛すべき日となればその一日が
意味のある一日となりそうです

ブランドは一日にしてならず
毎日の積み重ねでブランドがつくられて行きます

 

 

 

2017.1.12  ブランド語録

ここでは、ブランドを考えるにあたって
気になる言葉をご紹介します。

 

今回は「禅の言葉」より

======================

 【歳々年々 人不同】
 (さいさいねんねん ひとおなじからず)

======================

人は時々、周囲は変化しているのに自分は変化して

いないと感じてしまうことがあります。
しかし、人の体は細胞でできており日々変化しています。

 

過去の自分に捕らわれ変化することを恐れたり、

良かった経験に固執したり、

自分の欠点を認められないこともあります。

 

春になれば花を咲かせる桜のように、
今年の桜は去年の桜とはまた違った花を咲かせています。

 

「ブランドは生もの」という言葉があります。
人気のブランドもずっと人気が続くとは限りません。

 

日々、新たな生命をつなぐ活動をするように
ブランドも時代にあった再構築が必要な場合もあります。

 

2016.10.17  ブランド語録

ここでは、ブランドを考えるにあたって
気になる言葉をご紹介します。

 

今回は「禅の言葉」より

========================

 【知足】 (ちそく)

========================

足るを知る。満足することを知ること。

 

好きな言葉は? と聞かれたとき
「知足」がまず頭に浮かびます。
自分が足りてるという豊かさに気づくとき
自然と感謝が生まれてきます。

 

とはいえ、他人と比べてこうなりたいとか
欲求が生まれることもあります。
だからこそ「知足」という言葉を心にとめて
せめてその欲求を
世の中にとって良い方向にするために
自分が何をできるかを考え行動したいと思っています。

 

「知足」という言葉はブランドの中では
強みを活かすことに通じると考えます。

 

自社がもっている強みを最大限に活かす。

 

歴史・人財・技術力・堅実性・新規性・
イノベーション・楽しい社風・・・・
その強みはその会社によって異なるでしょう。

 

まずは、何が足りているかを
知ることからはじめてみてはいかがでしょうか?

 

2016.10.17  ブランド語録
1 / 212
ページの先頭へ戻る