魅力ぶらんど

ブランディングの現場より

このたび、「コニカミノルタが提供する販促情報マガジン」

【ホンキにさせる販促術】(コニカミノルタジャパン様のお取引様向け冊子)に

「女性視点のブランディング術」というテーマで紹介いただきました。

 

 

大きくわけて掲載内容は以下の4つです。

======================

①今、なぜ女性視点が必要か?

②男性と女性の考え方の違いと販促

③ブランディングの取り入れ方

④具体的な事例

⑤自社ですぐできる「女性視点」の取り入れ方

======================

 

ここでは、

① 今、なぜ女性視点が必要か ポイントをご紹介しましょう。

 

<理由1>

 女性の方が男性より消費にお金を費やしている

 総務省統計局調べ(平成26年度全国消費実態調査)によると

 単身世帯のうち、勤労者の消費支出では

 男性:181,492円(実収入:332,851円)に対して、

 女性:185,552円(実収入:250527円)

 女性は消費意欲が高い。

 

<理由2>

 女性の購買決定権が高い

 内閣府の「男女の消費・貯蓄等の生活意識に関する調査」

(平成22年)によると、家庭内の購買に関する決定は

 女性が持っている割合が高い。

 (例)男性が使う消費財(下着など)や、子ども向けの商品も

    女性が選ぶことが多い

 

<理由3>

 女性の社会進出の増加によるニーズの変化

 総務省統計局「労働力調査」(平成29年)の男女雇用者数の

 推移(平成14年~28年)では女性の労働力は

 平成14年が、2172万人だったのに対して

 平成28年は、2531万人になり約350万人増加している。

 (男性はほぼ横ばい)

 女性の社会進出に伴い、新たなニーズも考えられる。

 (例)ハウスクリーニング・家事代行・宅配

 

<理由4>

 顧客の多様化による変化に対応

 ニーズの変化が多様で早くなっている。女性は変化に

 柔軟なため時代をキャッチしている。

 (例)価値観の変化、インバウンドなど

 

 

さて、今なぜ「女性視点」が必要か?がおわかり

いただきましたでしょうか?

「女性視点」を取り入れるということは、時代の変化を

とりいれることにも通じます。

皆様の商品やサービスでは、いかがでしょうか?

 

次回は、

② 男性と女性の考え方の違い をご紹介予定です。

 

==========================

「魅力ぶらんど」では、

「女性視点」「ブランディング」「しつもん」等に関しての

セミナー・研修・講演や、プロジェクト(クライアントと

一緒に創るワークショップ」等を行っています。

 

〇弊社主催のセミナー 〇お問合せ 

〇魅力ブランドになるための「自己チェック表」(無料)は

弊社・ホームページ をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたの会社の会議は、有効な会議になっていますか?

 

リーダー主導で、チームメンバーが参加できにくい会議。
会議の時間は長いけれど、目的が不明確な会議。
何が決まったかようくわからない会議。
具体的な行動に移しにくい会議。

 

ブランディングプロジェクト、ウェブサイトのリニューアル、課題解決をどのようにするか、など何かのテーマについてクライアントのスタッフ会議に参加させていただくケースも多いのですが、会議次第で「時間」「お金」「モチベーション」「行動」が大きく変わることに気づきます。

 

そんな時は、あえて第三者の立場でファシリテーション役として会議の場をつくるために入らせていただくことがあります。

 

会議の目的を明確にしたり、顧客視点や女性視点を確認したり、ワークしながらアイデアを抽出するなどその時々によって方法は異なりますが、ここでは「しつもん」を生かします。

 

課題を明確にしたり、視点を変えたり、新たな気づきを促したり・・。
そういった会議を「しつもん経営会議」と名付けています。

 

 

【 ブランディング 今日のしつもん 】

 

あなたの会社やチームにとっての「理想の会議とは?」

人はそれぞれの価値観をもっています。
自分にとって正しいと思う価値観や解釈によって
自分が正しいと思う行動をとっています。

 

「ブランド」という言葉も
時にはAさんとBさんの「ブランド」という言葉の解釈が異なる場合もあります

 

そんな時は、「共通用語」を明確にします。

 

用語の解釈や定義をお互いに共有化することで
無駄な会話や行動のギャップを解消することができます。

 

○○○=「・・・・・・・」であるという共通用語があることで、社内のミスコミュニケーションも少なくなります。

 

 

【 ブランディング 今日のしつもん 】

 

あなたの会社やチームには
どのような「共通用語」がありますか?

「自社の【強み】と【弱み】を書いてみましょう」というと
「うちには特に強みが見つかりません」
と言われることがあります。

 

けれども、「お客様から言われたことは?」と質問すると
「歴史が長いので安心」とか
「実績数を見て」とか
「短期間で対応してくれて助かった」とか
「社員さんのマナーが良くて決めた」とか

 

ご自身では気づかない強みが見つかることがあります

 

また、一見すると「弱み」と思われることが
「強み」に転じることがあります。

 

長野県阿智村は、平成18年環境庁が実施している全国星空継続観察で、星が最も輝いて観える場所の第1位に認定されたことをきっかけに「日本一美しく星空が見える村」として注目されました。

 

「日本一暗い村」という「弱み」だったことが
「日本一 星空が美しい村」として人々の努力によって
景観保全や星にまつわるイベントを重ねることで
「死ぬまでに行きたい世界の絶景・日本編」の書籍にも紹介されるまでとなりました。

 

◆公式サイト:スタービレッジ那智
http://sva.jp/

 

自社の強みと弱みを書き出すときのコツは
まずは自分の【思い込みをはずす】こと。

 

あなたが日頃、弱みと思っている中に
強みが隠れているかもしれません。

 

 

【 ブランディング 今日のしつもん 】

 

あなたの会社の弱みの中で
強みになりそうなことは何ですか?

1 / 11

Archives



  • 以前のブログはこちら
ページの先頭へ戻る