魅力ぶらんど

女性視点・顧客視点

このたび、「コニカミノルタが提供する販促情報マガジン」

【ホンキにさせる販促術】(コニカミノルタジャパン様のお取引様向け冊子)に

「女性視点のブランディング術」というテーマで紹介いただきました。

 

 

大きくわけて掲載内容は以下の4つです。

======================

①今、なぜ女性視点が必要か?

②男性と女性の考え方の違いと販促

③ブランディングの取り入れ方

④具体的な事例

⑤自社ですぐできる「女性視点」の取り入れ方

======================

 

ここでは、

① 今、なぜ女性視点が必要か ポイントをご紹介しましょう。

 

<理由1>

 女性の方が男性より消費にお金を費やしている

 総務省統計局調べ(平成26年度全国消費実態調査)によると

 単身世帯のうち、勤労者の消費支出では

 男性:181,492円(実収入:332,851円)に対して、

 女性:185,552円(実収入:250527円)

 女性は消費意欲が高い。

 

<理由2>

 女性の購買決定権が高い

 内閣府の「男女の消費・貯蓄等の生活意識に関する調査」

(平成22年)によると、家庭内の購買に関する決定は

 女性が持っている割合が高い。

 (例)男性が使う消費財(下着など)や、子ども向けの商品も

    女性が選ぶことが多い

 

<理由3>

 女性の社会進出の増加によるニーズの変化

 総務省統計局「労働力調査」(平成29年)の男女雇用者数の

 推移(平成14年~28年)では女性の労働力は

 平成14年が、2172万人だったのに対して

 平成28年は、2531万人になり約350万人増加している。

 (男性はほぼ横ばい)

 女性の社会進出に伴い、新たなニーズも考えられる。

 (例)ハウスクリーニング・家事代行・宅配

 

<理由4>

 顧客の多様化による変化に対応

 ニーズの変化が多様で早くなっている。女性は変化に

 柔軟なため時代をキャッチしている。

 (例)価値観の変化、インバウンドなど

 

 

さて、今なぜ「女性視点」が必要か?がおわかり

いただきましたでしょうか?

「女性視点」を取り入れるということは、時代の変化を

とりいれることにも通じます。

皆様の商品やサービスでは、いかがでしょうか?

 

次回は、

② 男性と女性の考え方の違い をご紹介予定です。

 

==========================

「魅力ぶらんど」では、

「女性視点」「ブランディング」「しつもん」等に関しての

セミナー・研修・講演や、プロジェクト(クライアントと

一緒に創るワークショップ」等を行っています。

 

〇弊社主催のセミナー 〇お問合せ 

〇魅力ブランドになるための「自己チェック表」(無料)は

弊社・ホームページ をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

【ケーススタディ】【〇〇視点で、売上アップ】

===============================

ある飲食店でのコンサルティングのケーススタディです。

●商品と課題

・老舗料亭で季節の捕らわれないもう一つの

 新商品として魚のみそ漬け(ビン詰)を開発。

 味には自信があるが物販は初めての挑戦。

 販売を開始し店舗内でポップを作成したがまったく

 売れないためご相談。

●1回目の訪問時に「〇〇視点を取り入れる」
・1個も売れなかった商品が、1回目の気づきにより

 ポップを改善。ゴールデンウィーク中に10個以上の
 売り上げがあり、さらに店舗メニューもオーダーされた。

さて、ここで質問です。

この「〇〇視点」はいったい何だったでしょうか?

 

ずばり!

 

その〇〇の答えは「顧客視点」でした.

 

商品は、ある魚のみそ漬け(ビン詰め)です。

テーブルに置かれたポップを見て私が行ったのは、

次のような 質問でした。

 

上野「このビン詰めにはこのお刺身が入っているんですか?」

店主「いえ、この魚の身を切ってみそに漬けたものが入っています。

   これまでのメニューで刺身を出していましたので

   刺身の写真を掲載してました。」

 

上野「このビン詰めの中身は店舗でもメニューに入っていますか?」

店主「いいえ。メニューにはありません。刺身はありますが

   みそ漬けはこのビン詰めの持ち帰りのみです。

   確かにこのメニューありますか?と聞かれるわけですね」

 

上野「新商品ってどんな味か試したくなると思いますが

   みそ漬けはお店でもメニューにする事はできますか?」

店主「それはすぐにできます」

 

上野「このみそ漬け、どんな食べ方が美味しいんですか?」

店主「そのまま酒の肴か、ごはんのお供に。お茶つけもおすすめですね」

 

店主「目からウロコです。お客様の気持ちになっていなかった

   ことがわかりました。自分でわかっているからお客様も

   わかるだろうと思ってたんですね」

 

1回目の訪問後、上記の答えを反映し以下のようなポイントで

改善いただきました。

1)お店でも試食ができるように、酒の肴にぴったりという

  同じ商品のメニューをつくる。

2)ポップの写真を、実際の商品をお皿に出した写真にして掲載。

3)ポップに、ビン詰めの商品写真を掲載し量と金額も表示
4)どのように食べたら喜んでいただけるかを説明。

 

その結果、これまでまったく動かなかった商品が 注文時の

やりとりでお客様からの反応があり、 メニューも持ち帰り用の

ビン詰めも10個以上販売。

 

2回目に訪問した途端、「前回、お話していたポップを 変えて

みるとこれまで一個も売れなかったのに さっそく反応があり

嬉しかったです」と社長様の言葉!

 

商品が売れた事はもちろんですが、私が嬉しかったのは

クライアントがお話していた事をすぐに実践されて

変化を感じ楽しそうにお話頂いたことでした。

 

同席された方も「まずはやってみるー。すぐできそうでも

やらない方も多いんですよね。」と呟かれました。

 

「企業視点」と「顧客視点」

 

よく言われる言葉ですが、マーケティング活動の中で

ついつい企業視点だけに偏ってしまうことがあります。

 

まさに、ビジネスは小さなチャレンジの繰り返し。

========================
女性視点ブランディング「実践のためのしつもん」

  あなたの商品・サービスを
  「顧客視点」で見直してみると
  どのような改善が生まれますか?
========================

 

★実践での生かし方

1)しつもんをスタッフのミーティングで行う
  ※どんな答えもOK、ばかばかしいと思うとことに
   宝のアイデアあり
2)メンバー各自で、それぞれの答えを付箋に書く
3)シェアする(書いた答えを発表しあう)
4)3)の内容をカテゴリーわけする
5)4)に追加アイデアがあればさらに加える
6)5)のアイデアから優先順位あるいはすぐにできて
  効果が得られそうなものを絞り込む
  ※5のアイデアは後のアイデアとしてストック
7)6)を具体的に行動しやすいよう決める
  ※5W1Hを決める

 

=========================

実践を後押しするための学びの場

★ブランディングに関するセミナー予定はコチラ
http://longlife-brand.com/school/

【女性視点】

「モノでイキイキする男性、ヒトでワクワクする女性」

 

男性が「モノ」でイキイキするのに対して

女性は「ヒト」でワクワクする傾向があります。

 

時計や模型を収集したり、モノを比較検討しながら

良いモノを選ぶことでイキイキする男性に対して

女性はモノを選ぶ時にも

その過程でどのようなヒトに出会い

どのようなコミュニケーションをとって選ぶかを

重視する傾向があります。

 

「何」を購入するかも大切ですが

「誰」から購入するか・・という接客がとても大切。

 

脳の構造において、生後数時間から数カ月の赤ちゃんを

観察してみると、

男の子はモノに反応し

女の子はヒトに反応する時間が長かったそうです。

 

小さな子どもが絵を描くときに

男の子が車や電車などのモノを描き

女の子がお母さんやお姫様などのヒトを描く

傾向があるのも納得ですね。

 

=========================

■女性視点のマーケティング現場での活用

=========================

 

・モノだけでなく、どのようなヒトが

 いるかの人となりなどをHP等で知らせる

・年代やライフスタイルが合いそうなヒトが

 接客につく

・お客様との接触できるコミュニティづくり

・商品以外のおしゃべりの時間をもつ

 

 

 

 

 

 

 

 

男性が「結果」を重視するのに対して
女性は「過程」を重視するといわれます。

これは購買の仕方の中でも表れています。

例えば家電製品を買いに行ったとき、
男性は「目的の商品」にむかって行きがちですが、
女性はその商品にたどりつくまでに色々なモノに心が奪われ、なかなかたどりつきません。

ウインドウショッピングを楽しみ
時間が長いのも
この差にあるわけです。

つまり、「過程を楽しみたい」のです。

その特性への対応策として
デパートでは少し休憩ができる場所をつくったり
ファッションフロアに軽食やお茶ができる
お店をつくり滞在時間をのばすといった工夫をしています。

1 / 11

Archives



  • 以前のブログはこちら
ページの先頭へ戻る