魅力ぶらんど

【サービスメニュー】

【ケーススタディ】

【2年で顧客単価が1.5倍以上に変化した理由】

===============================

 

マッサージや身体を整える鍼灸医院 Aさんのケーススタディ

 

●お悩み・課題

・体の痛みやコリをとるマッサージなど

 その方の体のケアを行っていますが

 オープン当初に設定した価格体系があり

 全体の売上・顧客単価のアップができていない

 という課題がありました

●ご提案メニュー:パーソナルセッション(個別コンサルティング)
 6回コースを実施

 

「ブランディングの基礎知識」をお伝えし「ブランディング構築

8つのステップ」に合わせて、自社の魅力(強み)を深堀したり

理想のお客様像(ペルソナ)を設定し、今後の方向性を明確に

した上で今後の販売促進や表現方法を改善しました

※ヒアリング後、ブランディングの目的を明確にした上で

 基本にそって言語化したり、個別のセッションを加えたり

 します

 

■Aさんの場合:3つのポイント

 

1)目的を整理し、ビジョンを描く

私が最も大切にしていることですですが、まずは

「何のために働くのか?」ということと

「理想のビジョン」を描いていただきます

人によって幸せの物差しは異なりますので

その基準を整理します

 

2)強みの振り返り

Aさんの場合は、過去の実績と経験から五十肩などの痛みを

早く軽減できることが強みということがわかりました

さらに、その方にあった施術を提案できるのも

安心感を与えていました

 

3)理想のお客様を設定

保険適用・ネットからのお客様・来院理由が

さまざまでしたが、どんなお客様に指示されたいか

どんなお客様のお悩みを解決できるかという

(ペルソナの設定)を明確にした上で名刺やサイトの

表現を変えました

 

上記の内容を整理した上で、コミュニケーションツール

なども変更され、その結果、お客様層も変化し

2年間で1・5倍以上の客単価へとアップしました。

 

ブランドは付加価値を加えることを注力しがちですが

実はこのケーススタディで重要なことは

やらないことを決める

(決めて断つ=「決断すること」でした

 

保険適用の施術の場合、価格で選ばれがち

その結果、本来の理想のお客様に対応できる時間が

少なくなっていました

そこで、理想のお客様に対応できる時間を

確保したことが大きな転換となったのです

 

Aさんの場合、まだ発信もしていないのに

ペルソナを設定した途端、そういった

お客様の予約が増えたそうです

 

========================
女性視点ブランディング「実践のためのしつもん」

  未来に向けて、しなくてよいこと

  あるいはやめた方がよいことは

  どんなことですか?
========================

 

★実践での生かし方

  ・ムリ、ムダ、ムラを見直す

  ・やらなくても影響が出ないものは辞めることも

   検討する

 

=========================

【魅力ぶらんど・サービスメニュー】

★パーソナルセッション(個人の個別コンサルティング

https://longlife-brand.com/action/#personal

★ブランディングに関するセミナー予定はコチラ
https://longlife-brand.com/school/

 

 

自社のブランド力を自己チェックできる

【ブランド力自己チェック】のシートを

無料で差し上げています。

こちらのフォームからお申込みください!!

 

※自動返信メールにチェック表のPDFがあります。
【8項目の評価チェック】
①会社力 ②マーケティング力 ③商品力 ④コミュニケーション力 ⑤コミュニティー力 ⑥人財力 ⑦ワクワク・オリジナリティー力 ⑧女性の活躍力

 

 

 

Archives



  • 以前のブログはこちら
ページの先頭へ戻る