魅力ぶらんど

【ブランディングの現場より】 成功ポイント⑤強み発見のコツ

今回も、ブランディングの現場から

成功に導びくポイントを出してみました

 

<過去の記事>

成功ポイント① 「関わるチームが共に体感する」は コチラ

成功ポイント② 「ペルソナにあったクチコミキーワードを探す」は コチラ

成功ポイント③ 「ペルソナを設定する」は コチラ

成功ポイント④ 「プレスリリースの活用」は コチラ

 

【ブランディングの現場より】

成功ポイント⑤ 「強み発見のコツ」

 

ブランディングの現場で、とてもよく出てくるのが

「自社(自分)の強みがわからない」

という言葉があります。

 

広島市内の住宅地にある造園会社

「みどりのおもちゃ箱 我楽庭(がらくてい)」さん

の場合は、

・当時、他社があまり扱っていない古窯レンガを

使った庭のデザイン

・自然とマッチした自由で個性的なデザイン

でした。

 

レンガを焼くときに使った古い窯のレンガは

一つとして同じものがなくその素材を

生かして、ゾーニングしたり敷石にアレンジしたり

カタチの変わった石と組み合わせるため個性的。

デザインはその家に合わせて一つひとつ違っても

その特徴ある個性からこの庭って「我楽庭」の庭?

とわかるほどでした。

ショールームはいつも現在進行形で変化し
個性的な庭を、プロの意見を聞きながら

楽しみながら作れるガーデンショップということから

その強みを店舗名にも生かして

「みどりのおもちゃ箱 我楽庭(がらくてい)」としました。

 

では、強みを見つけるいくつかのコツを

あげてみましょう。

 

<強みを出すコツ>

 

〇まずはたくさん書き出してみる

 強みの種類は多種多様。自社の良さを発見するには

 まず「質」よりも「数」を優先します。

 数を出した上で、その後で選べばよいのです。

 10個の中から2つ選ぶよりも100個の中から

 2つ選ぶほうが質が高くなります

 量が質を生む ということです

〇一度に一つずつ

 たくさん出す作業と出した中から選ぶ作業は別々

 作業です。アクセルとブレーキを同時にしないで

 コツは「一度に一つずつ」

 人間の脳は一度に一つに集中させた方が精度が

 上がります。 

〇「機能的価値」と「情緒的価値」の強みを

 具体的に出してみる

 漫然と強みを出すのが難しい方もいますので

 「機能的」と「情緒的」の二つに細分化して

 出してみると出しやすくなります

 「機能的価値の一部」

 (例)これまで公的に認めれた技術力の高さや評価(賞歴)

    社歴数の長さ(歴史がある・地元密着) 

    事例の多さ(数による安心感、業界№1)

    成果の%(が倍になった、単価があがった)

 「情緒的価値の一部」

 (例)デザインがシンプルで美しい ゴージャス

    SDGsを意識している(これは内容によって

    機能・情緒の両面を含んでいる)

    〇〇というタレントが使っている(投影)

    効果であることでステータスがある

    親身になって聞いてくれる

〇お客様の何気ない声から拾う

 自分を高く評価してくれてるペルソナ的存在の人の

 会話の中から意外な発見があります。

 実は自分が思う強みは強みではないケースも多いのです

 私の場合、リピートして指示して頂いていた

 ある社長様に「上野さんは、寄り添いながら時には

 痛いこと(厳しいこと)も言ってくれる」という言葉でした。

 そして、その会社の部下の方からは「上野さんと会うと

 社長が元気になるんですよね」という言葉をもらい感激しました。

 常に寄り添って元気になってもらう存在であろうと

 気づきかされました。

〇少し先の理想とする未来をイメージして強みを設定

 今はすべてできていないかもしれないが

 今後目指すべき強み(頑張れば手が届きそうな先の未来)

 設定し、それに向けて会社のイメージや教育を変えて

 近づかせる

〇弱みを強みに変換する

 弱みを出すことで強みに変換することもできます

 (例)何もない田舎 → 何もないからこそ星がきれい、

    星がきれいなエリアということでイベント展開

    田舎→ 昔の田舎体験ができる 農業体験 第2の故郷 

 

 

 <強みを発見し活かした事例>

「おそうじ一筋50年 心と身体がにHAPPYになれる環境をつくる栄水化学」

 お掃除会社からの転換 ちょっと先の理想の未来像をイメージしビジュアル化

  「機能的価値」と「情緒的価値」両方を表現しています。

 現在はその理想がほぼ達成している。

中古パソコンの販売をされてるHさんの場合

 これまでの経歴から強みが修理が得意であるとわかり

 自己紹介の時に「修理の得意なパソコン屋さん」と必ずいうように

 なり、他では聞きにくい相談が増えおのずとパソコン販売に繋がった

鍼灸医院のAさんの場合

 これまではどんな人も対応しているイメージだったが

 過去の経歴から「できるだけ早く痛みを軽減する」

 いう強みを発見。ペルソナも再設定することで客単価が

 1.5倍になった

 

 

私は、もともと編集ライターだったからか

その会社の成り立ちや歴史、その中から強みを発見するのが

得意で好きな時間です。実は業界にどっぷりつかっていると

顧客視点が薄れ、強みを見つけるのが難しくなるようです。

上に示した強みを見つけるコツは、まだ一部です。

今後は、この強みに特化してまとめてみたいと思っています。

 

灯台下暗し、強みは外に探すよりもこれまでの

積み重ねの中にあります。宝は足元にありそうですよ。

 

==============================

 

【ブランディングの実践ポイントと質問】

 

成功ポイント⑤ 「強み発見のコツ」

 

 Q:「あなたを高く支持してくれているお客様は

   あなたのどこを気に入っていますか?」

 

==============================   

 

ポイント⑥は次回に続く

 

■ブランディングを学びたい方のセミナーは コチラ

※以下のセミナー&講座を随時更新しています

・まずはブランディングについて知りたい!=「入門セミナー」

・2日間で基礎知識と構築ステップの型が学べる=「ベーシックコース」

 ※入門セミナーを受講しなくても受講可

・ベーシックコースで学んだ型の実践が身につく=「アドバンスコース」

・個人や起業家、士業の方にぴったり=「パーソナルブランディング講座」

 

Archives



  • 以前のブログはこちら
ページの先頭へ戻る