魅力ぶらんど

【ブランディング】「視点を変える」企業視点×顧客視点

こんにちは!

 

「女性視点」×「ブランディング」×「質問」

社員や個人の FUN(楽しく働く人財育成)

企業や商品・サービスの FAN(ファン創り)ご支援をしています

 

女性視点ブランドコンサルタント &研修講師 &ビジネス質問家の

りっちー@上野律子です。

 

===========================

今日のテーマは 【視点を変える】 です

 

ブランディングやマーケティングを考える時

ついつい陥ってしまうのが

「企業視点」になってしまうこと

 

自分たちの商品やサービスに対して

「愛情」や「思い入れ」や「自信」があるが故に

「お客様に伝わるはず」という見えない思い込み

邪魔をしてしまうことがあります。

 

けれども、

「顧客」や「消費者」から見たら

まったくわからないケースがあります。

 

■例えば、私が訪問したA飲食店の場合

 

昔から食べている郷土料理の展開メニューとして

瓶詰めの商品をつくり、テーブル席にPOPを置き

販売しはじめました。

けれども、その商品は1個も売れませんでした。

 

そこで、銀行からのご紹介でアドバイスに入らせて頂き、

 

POPを変更したところ、

1ヶ月で10個以上売れたのです。

 

何をしたかというと・・・・・・

 

いくつかの質問をしてみました。

 

Q「この商品はどんな人に食べてもらいたい商品ですか?」

⇒肴の味噌付けなので、お酒の肴として適しています。

※どんな場面で誰が食べたくなるかを具体的にイメージ

 

Q「この瓶詰めの商品はお店で食べられますか?」

⇒食べられません。

※お店のメニューに入れて実食できる

 ⇒気に入ったら購入という流れをつくりました

 

Q:瓶詰めの写真はありますが、中身の写真は?

⇒撮っていませんでした

※商品そのものをおいしく撮影して頂きました

 

このケーススタディは、飲食店さんが初めて

持ち帰りの商品をつくるということから

極端な例ではありますが、陥っていたのは

企業視点だったことにあります。

 

顧客視点になるとすぐに疑問に思う事が

抜け落ちてしまうことがあります。

 

製品をつくって商品になっていなかった

ということです。

 

有名店だからこそ、「お客様は知っている」と

思い込んでしまうことがあります。

 

そんな時は、自分の会社やお店まったく知らない人で

初めてお店に来た人がわかるには?という顧客視点

考えるとよいでしょう。

 

……………………………………………………………………………………

■今回の【しつもんブランディング】

あなたの企業(会社・個人)が
「企業視点」を「顧客視点」に変えると

どのような変化が生まれそうですか?

……………………………………………………………………………………

■ブランディングの成功レシピ

「企業視点」と「顧客視点」両方の視点で考えることを

マーケティングミックスといいます。

・製品(企業視点)⇔顧客にとっての価値(顧客視点)

・プロモーション(企業視点)⇔コミュニケーション(顧客視点)

 

 

 

……………………………………………………………………………………

■魅力ぶらんど「上野律子」のサービスメニュー

1)ブランディング支援(企業・商品・サービスのブランディング研修とコンサルティング)

2)女性活躍支援(マーケティング力アップ・研修・コンサルティング・女性管理職のサポート)

3)ビジネス経営しつもん会議(しつもんを使った会議活性化のファシリテーション)

4)上記に関するツールや販促物作成と取材

 

⇒ セミナー情報はコチラ

(入門・ベーシック・アドアンスコース 対面&オンラインあり)

対面(広島)入門(毎月1から2回)6月開催

オンラインベーシック:7月・9月・10月開催

オンラインアドバンス:7月開催

対面(広島)アドバンス:8月開催

 

⇒ 取材・講演・講座・研修・コンサルティング等のお問合せはコチラ

Archives



  • 以前のブログはこちら
ページの先頭へ戻る