魅力ぶらんど

「顧客視点」とは、商品・サービスなどを

「顧客の視点」によって評価すること。
「お客様の声」は、企業の特定の商品・サービスについて

顧客の評価を言語化したものですが

「顧客視点」は、顧客の言語化できにくいものですので

その二つは異なります。

 

 

【ブランディングの実践】 

 

売れる商品・サービスを作るには

「顧客視点」が重要といわれます。

 

それでは、どのようにして顧客視点を

さぐればよいでしょうか?

例えば、商品サンプルを見せて

アンケートをとったりグループインタビューで

お聴きする場合、聴き方によってその答えは

大きく異なります。

 

Q:どのデザインが人気だと思いますか?

Q:どのデザインがお洒落だと思いますか?

⇒(一般的視点)

 

それに対して

 

Q:もし、この中から一つ差し上げるとすると

  あなたはどれを選びますか?

Q:もしあなたが購入するとしたら

  どれを選びますか?

⇒(自分視点に近くなる)

 

その上で

Q:なぜそれを選びますか?

⇒(顧客として欲しい・購入する理由)

 

単に「お客様の声」を聴くだけでなく

表に出にくい「不安・不満・不足など不のつくもの」や

今は、存在しないがあると嬉しい潜在的ニーズを

くみ取る上で、どれだけ顧客に近づけるか・・を

考えたいですね。

 

 

■ブランディングに関するセミナーは コチラ

※以下のセミナー&講座を随時更新しています

・まずはブランディングについて知りたい!=「入門セミナー」

・2日間で基礎知識と構築ステップの型が学べる=「ベーシックコース」

 ※入門セミナーを受講しなくても受講可

・ベーシックコースで学んだ型の実践が身につく=「アドバンスコース」

・個人や起業家、士業の方にぴったり=「パーソナルブランディング講座」

 

ここでは、ブランドを考えるにあたって
気になる言葉をご紹介します。

============================
 不易流行 (ふえきりゅうこう)
============================

「不易」とは、いつまでも変わらないもの。

「流行」とは、変化してゆくもの。

 

芭蕉が説いたといわれる「不易流行」は

常に新しいものを求めて変化する流行が俳諧の本質であり

「流行性」こそが、俳諧における「不易の価値」であると

考えられています。

 

「不易流行」は経営やビジネスでもよく使われています。

「不易」変わらないものと

「流行」変化するもの は相対している言葉ですが

実は、どちらも大切な考え方です。

 

経営理念が「不易」ならば

マーケティングは「流行」

 

企業の根本的な想いは大切にしながらも

時流や今回のコロナ禍のような外部環境に

合わせて、しなやかに変化することで

企業は困難を乗り越えながら

継続して行きます。

ブランディング=永続経営

 

そのためには、何を変えず

何を変えないかを見極める目を

養わないといけないですね。

 

============================

■ブランディングに関するセミナーお知らせはコチラ
https://longlife-brand.com/school/

(入門・ベーシック・アドバンス・パーソナルブランディング)

 

 

2021.3.18  ブランド語録

【ケーススタディ】

【2年で顧客単価が1.5倍以上に変化した理由】

===============================

 

マッサージや身体を整える鍼灸医院 Aさんのケーススタディ

 

●お悩み・課題

・体の痛みやコリをとるマッサージなど

 その方の体のケアを行っていますが

 オープン当初に設定した価格体系があり

 全体の売上・顧客単価のアップができていない

 という課題がありました

●ご提案メニュー:パーソナルセッション(個別コンサルティング)
 6回コースを実施

 

「ブランディングの基礎知識」をお伝えし「ブランディング構築

8つのステップ」に合わせて、自社の魅力(強み)を深堀したり

理想のお客様像(ペルソナ)を設定し、今後の方向性を明確に

した上で今後の販売促進や表現方法を改善しました

※ヒアリング後、ブランディングの目的を明確にした上で

 基本にそって言語化したり、個別のセッションを加えたり

 します

 

■Aさんの場合:3つのポイント

 

1)目的を整理し、ビジョンを描く

私が最も大切にしていることですですが、まずは

「何のために働くのか?」ということと

「理想のビジョン」を描いていただきます

人によって幸せの物差しは異なりますので

その基準を整理します

 

2)強みの振り返り

Aさんの場合は、過去の実績と経験から五十肩などの痛みを

早く軽減できることが強みということがわかりました

さらに、その方にあった施術を提案できるのも

安心感を与えていました

 

3)理想のお客様を設定

保険適用・ネットからのお客様・来院理由が

さまざまでしたが、どんなお客様に指示されたいか

どんなお客様のお悩みを解決できるかという

(ペルソナの設定)を明確にした上で名刺やサイトの

表現を変えました

 

上記の内容を整理した上で、コミュニケーションツール

なども変更され、その結果、お客様層も変化し

2年間で1・5倍以上の客単価へとアップしました。

 

ブランドは付加価値を加えることを注力しがちですが

実はこのケーススタディで重要なことは

やらないことを決める

(決めて断つ=「決断すること」でした

 

保険適用の施術の場合、価格で選ばれがち

その結果、本来の理想のお客様に対応できる時間が

少なくなっていました

そこで、理想のお客様に対応できる時間を

確保したことが大きな転換となったのです

 

Aさんの場合、まだ発信もしていないのに

ペルソナを設定した途端、そういった

お客様の予約が増えたそうです

 

========================
女性視点ブランディング「実践のためのしつもん」

  未来に向けて、しなくてよいこと

  あるいはやめた方がよいことは

  どんなことですか?
========================

 

★実践での生かし方

  ・ムリ、ムダ、ムラを見直す

  ・やらなくても影響が出ないものは辞めることも

   検討する

 

=========================

【魅力ぶらんど・サービスメニュー】

★パーソナルセッション

(個人の個別コンサルティングを希望される方はコチラ)

https://longlife-brand.com/action/#personal

 

★ブランディングを学ぶ

(ブランディングを学び取り入れたい方はコチラ)
https://longlife-brand.com/school/

 

 

オンライン(zoom)を使った

「ブランディング入門セミナー」(2時間30分コース)を開始。

 

2日間の「ベーシックコース」(2級資格認定)は、現在は対面コースで開催中ですが

今年秋頃から、3回コースの「ベーシックコース・オンラインコース」も実施予定です。

※企業内研修・グループの集合研修としても可能

 

企業・個人の方のパーソナルセッション(コンサルティング)も

オンラインのみ、オンライン&対面組合せなど実施しています。

 

ご興味ある方は、お問合せフォームからご連絡ください。

このたび、「コニカミノルタが提供する販促情報マガジン」

【ホンキにさせる販促術】(コニカミノルタジャパン様のお取引様向け冊子)に

「女性視点のブランディング術」というテーマで紹介いただきました。

 

 

大きくわけて掲載内容は以下の4つです。

======================

①今、なぜ女性視点が必要か?

②男性と女性の考え方の違いと販促

③ブランディングの取り入れ方

④具体的な事例

⑤自社ですぐできる「女性視点」の取り入れ方

======================

 

ここでは、

① 今、なぜ女性視点が必要か ポイントをご紹介しましょう。

 

<理由1>

 女性の方が男性より消費にお金を費やしている

 総務省統計局調べ(平成26年度全国消費実態調査)によると

 単身世帯のうち、勤労者の消費支出では

 男性:181,492円(実収入:332,851円)に対して、

 女性:185,552円(実収入:250527円)

 女性は消費意欲が高い。

 

<理由2>

 女性の購買決定権が高い

 内閣府の「男女の消費・貯蓄等の生活意識に関する調査」

(平成22年)によると、家庭内の購買に関する決定は

 女性が持っている割合が高い。

 (例)男性が使う消費財(下着など)や、子ども向けの商品も

    女性が選ぶことが多い

 

<理由3>

 女性の社会進出の増加によるニーズの変化

 総務省統計局「労働力調査」(平成29年)の男女雇用者数の

 推移(平成14年~28年)では女性の労働力は

 平成14年が、2172万人だったのに対して

 平成28年は、2531万人になり約350万人増加している。

 (男性はほぼ横ばい)

 女性の社会進出に伴い、新たなニーズも考えられる。

 (例)ハウスクリーニング・家事代行・宅配

 

<理由4>

 顧客の多様化による変化に対応

 ニーズの変化が多様で早くなっている。女性は変化に

 柔軟なため時代をキャッチしている。

 (例)価値観の変化、インバウンドなど

 

 

さて、今なぜ「女性視点」が必要か?がおわかり

いただきましたでしょうか?

「女性視点」を取り入れるということは、時代の変化を

とりいれることにも通じます。

皆様の商品やサービスでは、いかがでしょうか?

 

次回は、

② 男性と女性の考え方の違い をご紹介予定です。

 

==========================

「魅力ぶらんど」では、

「女性視点」「ブランディング」「しつもん」等に関しての

セミナー・研修・講演や、プロジェクト(クライアントと

一緒に創るワークショップ」等を行っています。

 

〇弊社主催のセミナー 〇お問合せ 

〇魅力ブランドになるための「自己チェック表」(無料)は

弊社・ホームページ をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

Archives



  • 以前のブログはこちら
ページの先頭へ戻る